お金を借りる方法を調べました。

「お金を借りる方法にはどんなものがあって、今の自分に合った方法はどれなのかを知りたい・・・」
あなたは今、このことで頭を悩ませていませんか?

 

親や友人などの身近でお金を借りるという選択肢もありますが、どうしても頼みづらいですよね。

また、身内からお金を借りることによって、上下関係ができたりなど関係が悪くなってしまったりします。

 

このページでは、親や友人などに頼らずにお金を借りる方法について、目的に合わせてご紹介しています。

目的に合わせて適切な場所からお金を借りることで、安心してお金を借りることができます。

 

「貸し出し先と貸し出し条件」「融資に掛かる時間」などから借入先が探せます。さらに親などにバレずに借りたい時」などの借入先も探せます。

 


このページを最後まで読むことで、あなたにあったお金を借りる方法を必ず見つけられるはずです。

そして、実際にお金を借りることで今抱えている問題を乗り越えることができるでしょう。

 

お金を借りるときに重要視することは何?

NTTコムリサーチが行った「お金を借りるときに重要視すること」のアンケートでは

  • すぐにお金を借りたい・・・38%
  • 連帯保証人・担保なしで借りたい・・・29%
  • 低い金利で借りたい・・・24%
  • その他・・・9%

アンケートの結果によると、お金借りる方法としては「保証人・担保なしで、早く借りたい」という意見が多いことが分かりました。

 

すぐにお金を借りたい場合に役立つおすすめサービス

そこで、まずはお金借りる方法として保証人・担保なしで、早く借りたい」を満たしてくれるサービスをご紹介します。

 

「早く借りたい」場合は、プロミスアコムなど、大手消費者金融のカードローンを選択しましょう。大手消費者金融は融資スピードが早く、申し込みから借り入れまでの手続きが最短1時間だからです。

 

プロミス

プロミスは、全ての手続きをWEB上で完結できる消費者金融です。カードローンはすぐにお金を借りたい人にメリットの多い金融商品です。さらに、駅前等にある自動契約機を利用すれば、当日中に融資を受けられます。

 

※プロミスの広告挿入※

 

SMBCモビット

更に、親や友人にバレずにお金を借りたい人は、電話連絡なしのカードローンを利用しましょう。電話連絡なしのカードローンであれば、自宅や勤務先に電話連絡が入ることがないため、親や友人にバレずに生活費を工面できます。

 

大手消費者金融のSMBCモビットは、公式サイトで唯一、「WEB完結なら電話連絡なし」を明言しているカードローン会社です。

 

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なしで契約手続きまで完了できるだけでなく、自宅への郵送物もありません。

 

そのため、今すぐに誰にもバレずにお金を借りたい人は、SMBCモビットへ申し込みましょう。

 

※SMBCモビットの広告挿入※

 

お金を貸してくれる借入先にはどういったところがあるの?

お金を借りる方法は、消費者金融や銀行だけでなく、国や生命保険など様々な分野からの借り入れが可能です。

 

融資までの時間や審査、担保の有無を調査しました。

借入箇所 融資までの時間  審査有無  担保有無
消費者金融 最短60分
銀行 最短翌営業日
ネットバンキング 最短翌営業日
クレジットカード 最短即日
生命保険(契約者貸付制度) 最短3営業日
市役所(生活福祉資金貸付制度) 最短1ヶ月
国(緊急小口資金) 最短2週間
郵便局(担保自動貸付) 最短即日
JAバンク 最短1週間
警察(公衆接遇弁償費) 最短即日
ろうきん 4営業日
年金を担保 最短4日
不動産を担保 最短5日
生活サポート基金 最短5日
ビジネスローン 最短即日
共済組合 最短翌日
質屋 最短30分
学生ローン 最短即日
親や友人 即時
勤務先(従業員貸付制度) 最短1週間

 ※貸付けを受ける場合、各自融資個所に内容を確認してください。
色々なところから、お金借りる方法が分かります。

 

審査の有無・担保の有無なども一覧にしてあります。

 

また、融資までの時間は、親や友人の即時から1ヵ月程度までがありました。

 

銀行のローンの種類

お金借りる方法として、銀行では各種ローンが設定されています。

 

利用者の資金使途に合わせて、銀行は多くの種類のローン商品を提供しています。銀行ローンの利用を検討している人は、資金使途によって利用する商品を選びましょう。

 

【銀行で契約できるローン商品】 ※楽天銀行の一例

ローン商品 資金使途 利率
カードローン 生活費・娯楽費 1.9〜14.5%
住宅ローン 住宅購入費・住宅購入の諸費用 1.025%(10年固定)
ブライダルローン 結婚式費用・新婚旅行費 7.0%
自動車ローン 自動車購入費・部品購入費 1.9〜14.5%
教育ローン 入学金・授業料・賃貸家賃 1.9〜14.5%
事業者ローン 事業資金 2.91〜9.51%

目的別に用意されている銀行ローンは、資金使途に制限があるため誰でも審査に通過できるわけではありません。

 

カードローンやフリーローンのように資金使途が限定されていない商品と比較して、低金利で借り入れができ、大口の融資を受けられるなどの特長があります。

 

 

貸し出し先と貸し出し条件

銀行や消費者金融や市役所などの公的機関が、お金を貸してくれます。また、クレジットカードを持っていればキャッシングによりお金を貸してくれます。

 

各貸出機関には、貸し出し条件があります。まずそれを理解しましょう。

貸出機関 条件
銀行 勤続年数、企業名、延滞・滞納をしていないこと
消費者金融 収入が安定、総量規制、多重債務者、個人信用情報
公的機関 低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯など

以上に様な条件があります。

 

銀行は、企業名と勤続年数により、安定的な収入があることを確認していますので、利用できる方が限られてきます。

 

消費者金融は、収入が安定している方で、総量規制(収入の1/3)に引っかからない方ならばパート・アルバイトの方でも大丈夫です。

 

公的機関は、表に記載した外にも貸し出し項目があります。条件が厳しめなので、各自調べてみると低金利で借りることができるでしょう。

 

融資までの時間は消費者金融が最短

お金借りる方法で便利な方法はカードローンです。カードローンとは、無担保・保証人なしでお金を借りられるローン商品のことで、銀行(銀行カードローン)や消費者金融(消費者金融カードローン)などの金融機関が取り扱っています。

 

銀行カードローンは金利が低いのが特徴ですが、即日融資に対応はしていません。これに対して消費者金融系のカードローンは即日発行できるところが強みになります。

 

ローン用のカードを持っていない場合、カードを作って借入れするまでの時間を一覧表にしました。

カードローン会社 即日融資 融資までの時間の目安
アコム 対応 1時間
アイフル 対応 1時間
プロミス 対応 1時間
SMBCモビット 対応 1時間
レイクALSA 対応 1時間
みずほ銀行カードローン 非対応 翌営業日
楽天銀行スーパーローン 非対応 翌営業日
 三菱UFJ銀行カードローン 非対応 翌営業日

以上のように、銀行系と消費者金融系によって対応が異なることがわかります。

 

お金が必要な時間によって、銀行系か消費者金融系かがわかります。

 

今の自分に合った方法を見つけよう

上記の2つから貸し出し条件と融資時間の条件が理解できたと思います。

 

たとえば、正社員で数年の勤続年数が有り、自動車購入の資金を借りたい場合は、銀行のマイカーローンや信販会社によるローンを活用しましょう。

 

アルバイトで安定した収入が有り、遊興費が必要なら、銀行のカードローンに申し込んでみるのもいいと思います。

 

今日中にまとまったお金が必要ならば、安定した収入が有る方なら消費者金融のカードローンにWEBで申し込んでみましょう。

 

専業主婦で、お金が必要になったなら、ブランド品等を質屋やブランド品買取業者に持ち込むのも一つの方法です。

 

低所得世帯では、生活福祉資金貸付制度から貸し付けをしてもらうこともできます。

 

このように、正社員・派遣社員やパート・アルバイトさらには低所得者などにより借入先が解り、さらに即日融資かどうかによっても借入先が判断できます。

 

どうしてもお金を即日で借りたい時

どうしてもお金を借りたい・・・・

 

生活費が足りなくなったなど、どうしてもお金を借りたい人は多いです。とはいえ、家族に心配をかけるわけにはいかず、友人に相談してお金に困っていることが解られるのも嫌ですね。

 

周りの人からお金を借りられない状況で頼りになるのが、金融機関と公的機関の生活福祉資金貸付制度です。労働による収入がある人は、返済能力を有しているため、誰にも迷惑をかけずに消費者金融からお金を借りられます。

 

どうしてもお金を借りたい人は、第一優先として消費者金融からお金を借りる方法を検討しましょう。それでも生活費の工面が難しい場合には、お金を借りる方法として生活福祉資金貸付制度を検討してください。

 

今日中にどうしてもお金を借りたい人は、プロミスやアコムなど、大手消費者金融カードローンを選択しましょう。大手消費者金融は融資スピードが早く、申し込みから借り入れまでの手続きが最短1時間だからです。

 

また、全ての手続きをWEB上で完結できるため、大手消費者金融カードローンはすぐにお金を借りたい人にメリットの多い金融商品です。さらに、駅前等にある自動契約機を利用すれば、当日中に融資を受けられます。

 

大手消費者金融カードローンでお金を借りる流れ

大手消費者金融カードローンでお金を借りる流れは、下記の通りです。

 

@WEBから申し込む
Aカードローン審査を受ける
B本人確認書類を提出する
C銀行口座にお金を振り込んでもらう

 

本人確認書類として認められるのは、原則として「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」のいずれかです。健康保険証を提出する場合は、公共料金の支払票や住民票など、現住所を確認できる書類が別途1点必要となります。さらに、お勤め先に個人名にて電話をかけ、勤務事実を確認されることがあります。

 

なお、三井住友フィナンシャルグループのプロミスは、大手消費者金融です。プロミスは融資スピードに定評があり、申し込みから借り入れまでにかかる時間が最短1時間です。

 

また、初回契約者は30日間金利0円サービスを適用できるため、金利による利息額に不安のある人でも安心して申し込めます。とくに、給料日やボーナスが近い人は、30日以内に完済すれば、実質無利息にすることもできるでしょう。

 

※プロミスの広告挿入※

 

今すぐに親や友人にバレずにお金を借りたい人は、電話連絡なしのカードローンを利用しましょう。電話連絡なしのカードローンであれば、自宅や勤務先に電話連絡が入ることがないため、親や友人にバレずに生活費を工面できます。

 

大手消費者金融のSMBCモビットは、公式サイトで唯一、「WEB完結なら電話連絡なし」を明言しているカードローン会社です。

 

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なしで契約手続きまで完了できるだけでなく、自宅への郵送物もありません。

 

そのため、今すぐに誰にもバレお金借りる方法としては、SMBCモビットへ申し込みましょう。

 

※SMBCモビットの広告挿入※

 

消費者金融カードローンは、「最短即日融資」「WEB完結」「一定期間無利息」など、利用しやすいサービスがたくさん用意されています。

 

また、本人が働いてさえいれば、アルバイトやパート勤めなどで収入が少なくても、お金を借りることができます。

 

専業主婦、消費者金融はダメ

消費者金融は「総量規制(そうりょうきせい)」という法律で規制がかかっているため、「利用者の年収3分の1」までしか融資できません。

 

そのため、無収入の人や専業主婦は、お金を借りることができないです。

 

ただし、銀行のカードローンは、配偶者の収入によって審査されているので、専業主婦でも銀行カードローンによりお金を借りることができます。

 

銀行カードローンは低金利で借りれる
銀行カードローンは専業主婦でも借りれる

 

消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。

 

限度額も高額のところが多く、そのぶん審査は厳しめですが、通過すれば低金利で高額の借入も可能です。

 

まとめ

あなたの勤務状態とお金が必要な時期から、お金借りる方法は銀行か消費者金融とに分かれます。

 

プロミスやSMBCモビットなどの消費者金融カードローンは、「最短即日融資」「WEB完結」「一定期間無利息」など、利用しやすいサービスがたくさん用意されていますので、即日融資が必要な方は一度、HPをご覧ください。

 

※プロミスの広告挿入※
※SMBCモビットの広告挿入※

 

 

更新履歴